医師と頭痛外来

頭痛は誰もが経験する一般的な症状のひとつなので「これぐらいの頭痛はガマンできる」「気になるけどたいした痛みではない」「いつもの頭痛」と、頭痛の症状があることが習慣化してしまっている人も多いものです。そのため「頭痛ぐらいで…」と専門医や病院を受診することを躊躇する人が大半ですが現在、日本には約3,000万人の方が頭痛に悩み苦しい思いをしています。

一口に頭痛と言っても様々な頭痛があり、大きな病気のリスクが隠れている場合もあります。

頭痛の中でも最も頻度が高く中高年の方々に多く見られるのが緊張型頭痛です。締め付けられるような頭の痛みや頭が重たい感覚が続き、強い頭痛の場合には吐き気などを伴うこともあります。デスクワークや、長時間にわたる同じ姿勢、眼精疲労、肉体疲労、睡眠不足、心身ストレスや不安などが原因しています。

また特に若い女性に多く、前頭から側頭に脈打つような強い痛みを伴うのが片頭痛です。いったん片頭痛が起こると数時間から1日中痛みが続き、睡眠をとることで改善する傾向があります。片頭痛は脳の血管が拡張することが原因と考えられ、運動、空腹、ストレス、チョコレート・ワイン・ナッツなどの食べ物によって誘発されることもあります。

そしてくも膜下出血、脳梗塞、脳内出血など脳の血管障害に伴うものに血管障害性頭痛があります。こうした脳血管疾患は対処・治療が遅れると重篤な状態や重い後遺症、生命に関わる危険もあるため、早急な対応が必要になります。血管障害性の頭痛では、意識障害、嘔吐、ろれつが回らない、手足の麻痺など頭痛以外の症状を伴います。

近年は医療の機能分化・細分化が進み、より専門領域を追求した外来が増えています。頭痛外来もそのひとつで、不快な頭痛の症状を専門的な見地からの診療・治療を受けることができます。

こうした専門外来は非常に特殊で、ある特定の疾患等に特化した領域ではありますが、他の診療科で適切な診療や治療ができなかった患者さんや、悩んできた自分の健康状態に深い理解を得られて安心できる医療を求める患者さんのニーズに対応しています。専門外来は、患者さんの身体的健康を取り戻すことで心の健康をも促し、ケースによっては機能回復や体調改善から社会復帰やQOLの向上をサポートする大きな意義を持つ領域です。患者側からすれば曖昧で理解しにくい病気・症状においては、より医学的な根拠や知識に基づいた信頼のある正確な情報や、より効果的な治療を提供できる専門医師が求められています。 

[おすすめサイト] 小児科で働きたい医師・看護師の方へ

Copyright (C) 2007-2014 [医師と水虫外来]. All Rights Reserved.